駒形神社 (安食)

駒形神社(安食)HPにようこそ

トップページ| 祭神・由緒| 社殿・社格| 行事案内| 一之宮神社| 交通案内|  リンク |

由  緒

【祭神】

駒形神社には八坂神社と浅間神社を合祀しています

* <主祭神> 保食神 (うけもちのかみ)         ...

      ・・・五穀豊穣・地域安全・家内安全

* <浅間様> 木花咲耶姫命 (このはなさくやひめのみこと)

        ・・・育児安全・安産子授かり・子孫繁栄

* <八坂様> 素戔鳴尊 (すさのおのみこと)       .
                
      ・・・厄除け・無病息災      
.

【由緒】

 1111〜1151年(天永2年〜仁平元年)にかけて、駒形神社のあたり
 一帯は大水・干ばつにみまわれ、飢餓が続き、民は大変苦しみましたので、
 仁平元年(1151年)9月9日、郡司大浦朝臣廣足が駒形山の大台の地に、
五穀豊穣の神を祭ったところ、翌年秋豊作となりました。 このことから、
神の賜り物と考え、以後も末永く民が食に安んずる様、 川崎村から安食村 
 に改められたのは天正年間の頃と伝えられています。          
.
          
 天明6年(1786年)の「安食村御差出明細表」の中で辺引の本社の説明に
「駒形明神之元の跡」とあることより、以前は辺引き(安食小近く)に鎮座
していたとも考えられます。 本社はのちに川崎神社と改められています。
 

由緒書の碑

諸祈願(初宮参り、厄除け、交通安全、商売繁盛、合格祈願、地鎮祭等) 随時受付しています